2017年07月23日

シャークフィンアンテナ

フリードプラス・・・納車からかれこれ5ヶ月となりますが、
特に不満もなく元気に走っています。(^^)

ただ、燃費に関しては、このところの猛暑も影響して、
近場乗りでは、10km/l切ってしまったりしていますが、
まぁ、1.4tある巨体のガソリン4WD車ですから致し方ないですね。
(以前乗っていた、シビックタイプRやGolf5 GTXに比べれば十分高燃費)

さて、前回、テールゲートスポイラーの記事を載せましたが・・・

リアビューで気になることと言えば・・・

freed_wing_3.jpg

このツノ(アンテナ)でしょうか。(笑)

折角なので、流行り?のシャークアンテナを物色することに。

なるべくボディカラー(モダンスチールメタリック)に合うモノを探してみたところ・・・

他社(日産エクストレイル?)ですが、似た色を発見!(^^)



チャレンジャーな私は、人柱のごとく?ポチってしまいました。

freed_ant_1.jpg

色も合っていて、塗装の具合も良いです。

freed_ant_2.jpg

裏には3Mの両面テープが付いていましたが、厚みが少ない(1mm位?)ので、
2mm厚の超強力両面テープ(エーモン)に付け替えました。
(ルーフの僅かな曲線にフィットさせる為に)

freed_ant_3.jpg

比べてみると、純正アンテナの長さが際立っています。

取り付けは簡単です。まず、アンテナを捻って外します。

freed_ant_4.jpg

そして、付属のボルトでアンテナのケーブルを固定し、
シャークアンテナを両面テープで取り付けます。
(マスキングテープで位置決めしておくと良いです)

freed_ant_5.jpg

はい、この通り!

freed_ant_7.jpg

中々フィットしていて、良い感じです。(^^)

肝心のアンテナ感度は・・・普通に受信出来ています。
元がどの程度の感度だったか覚えていないので、良くなったのか・悪くなったのか
定かではありません(すみませんw)が、まぁ外見優先ってことで、大満足!(笑)

値段も安いですし、色が合えば、かなりオススメの一品でしょうか。

純正アンテナの外観がイマイチと思う方の参考になれば幸いです。
ここまで読んでくれてありがとう。気軽にコメントくださいね☆
-------

posted by yoshi at 21:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Car | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

テールゲートスポイラー

新型フリード(プラス含む)のリアビューですが・・・

freed_rear_normal.jpg

なんか、丸っこくのっぺりしているんですよね。(^^;;

しかも、ハイマウントストップランプが透明でちょっと格好悪い。

前から気になっていたんですが、純正Moduloのリアゲートスポイラー・・・

何気に良い感じ。(^^)

ただ、ディーラーで付けてもらうと、定価34,560円税込+工賃で、4万円超えは必至・・・

楽天で検索してみると、30,756円税込で、しかも送料無料!

ホンダ HONDA GB5 6 7 8 フリード FREED [ホンダ純正] テールゲートスポイラー モダンスティール・メタリック NH797M ポイント2倍しかも送料無料 08F02-TDK-030

これは、DIYで取り付けてみるのも面白いかな?!と思い(普通は思わない?w)、
検索してみると・・・

う〜む、旧型フリードでは取り付け事例はあるけど、新型はまだ見かけません。(^^;;

まぁ、なんとかなるかな?・・・と安易にポチってしまいました。(笑)

freed_wing_1.jpg

取り付けは・・・

両端のボルト用穴(8.5mm) 2箇所とクリップ用穴(8.5mm) 6箇所を開ける必要があるようです。

クリップ用穴の位置決めシートが付属していましたが・・・

なんとなく 8箇所も穴を開けるのが嫌だったので、ボルト用の2箇所だけ開けて、
一部を強力両面テープで誤魔化すことに。

リアゲートの裏の両端に丸い膨らみがあるので、そこの中心にセンターポンチを打ち、
8.5mmの穴を開けます。

新車に近い状態に穴を開けるのは少々気が引けますが・・・意を決して・・・

freed_wing_2.jpg

なんとか開きました!(隙間に鉄くずが入り込まないようにマスキングを忘れずに)

そして、両端のボルトを穴に入れ、内側から付属のナットで締め付けます。

このままでも良いかな?とも思いましたが、本来他に6箇所クリップ留めするくらいですから、
エーモン 超強力両面テープを両端の間に貼っておくことにしました。

これは気休め程度の対策ですが、まぁ、ボルト 2本でしっかり付いているので、
大丈夫でしょう。(自己責任で!w)

さて、お披露目です・・・

freed_wing_3.jpg
freed_wing_4.jpg

いかがでしょうか?

のっぺりしていたのが、急にカチッとスポーティーになりました。
私的に非常に満足しております。

スポイラーは他に、フロントやサイドスカートもありますが、
このリアゲートのDIYは、費用対効果が最高ではないかと。

新型フリードのリアをスポーティーに変身させたい方の参考になれば幸いです。
ここまで読んでくれてありがとう。気軽にコメントくださいね☆
-------

posted by yoshi at 00:01| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Car | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

ルームランプのLED化

フリードプラス AWD(GB6)が納車されてから、かれこれ4ヶ月近く・・・

特に不具合もなく、気に入っております。

・前車(VW Golf5 GTX)に比べパワーはありませんが、普通に走るには十分な性能
 まぁ、2.0L直噴ターボ vs 1.5L直噴ですから、当たり前!(^^;;
・高速では20km/l近く行く、AWDのガソリン車にしては低燃費
 これは驚きました。下道でもちょっと距離があって流れていれば14km/l位は行きます。
 ただ、夏場の近場運転主体では、10km/l位かな。まぁ、1.4tの巨体ですからね。(笑)
・何かと便利なホンダセンシング(安全運転支援システム)
 高速では、ACCとLKASのお陰でかなり疲労軽減されます。これホント!(^^)
 緊急ブレーキなどはまだ体験していないので何とも言えませんが、安心感はあります。

さて、納車されてから1週間位でしょうか・・・色々と(些細に?)弄っていました。
折角なので小出しに紹介して行こうかと思っています。

ただ、ちょっと時間が経ってしまったので、記憶が定かでなくなりつつありますが、
写真を少し撮っていたので、思い出しつつ簡単に紹介することにします。

まず、【定番のルームランプのLED化】

HONDA NEW FREED+ 新型 フリードプラス GB5/GB6/GB7/GB8 専用設計 LED ルームランプ セット CAROZE

フリードプラスは、5セット入っています。(フリードは、4セットなのでお間違いなく)

取り付け方は説明書があるので割愛しますが、
小さなマイナスドライバーがあれば、比較的簡単に交換出来ます。

一応、前席のマップランプ(2つ)の交換写真があったので載せておきます。

freed_led_1.jpg

マイナスドライバー(マスキングテープで保護)を、真ん中の隙間にちょっと差し込んで、
テコの原理でこじると外れます。

freed_led_2.jpg

引っ掛けの形状が分かりますね。

freed_led_3.jpg

取り付けは、差し込むだけ!簡単、簡単・・・
輝度調整が出来ますが、とりあえず、最大で。(^^)

カバーをもとに戻し、点けてみると・・・

freed_led_4.jpg

いやぁ、明るい!眩しいくらいです。
色は純白な感じで良いです◎(私的に、青白いのはダメなんですw)

他、一通り交換して、点けてみると・・・

freed_led_5.jpg

標準とは大違いの明るい室内になりました。

これが、5千円でお釣りが出るですから、素晴らしい!(純正ではこうは行きません)
点く時は、パッっと点きますが、時間で消える時は、ジワーっと消えてくれるのも純正の様で好印象。
当初、明るすぎるので少し輝度を落とそうかと思っていたのですが、
暫くすると慣れてしまって、今でも最大輝度のままです。(笑)

今のところ、文句の付けようがないオススメ商品です。
車を買ったら真っ先に検討しても良いくらいかと。(^^)
ここまで読んでくれてありがとう。気軽にコメントくださいね☆
-------


posted by yoshi at 00:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Car | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

手持ちミニ扇風機

今、扇子の代わりに流行っているらしい「手持ちミニ扇風機」を買ってみました。

流行っているだけのことはあり、検索すると色々出てきます。

何がトレンドなのかというと・・・
コンパクトでバッテリー内蔵、省エネで長時間駆動なところでしょうか。

色々調べた上で、これを選んでみました。

EasyAcc USBミニ扇風機 小型 携帯用 手持ち 折り畳み式 卓上置き両用 LGバッテリー電池付き 熱中症対策 風量3段階調節 ホワイト

mini_fan_1.jpg

重さ:175g(実計測)
サイズ:W105 x H205 x D45mm(伸ばした状態)

mini_fan_3.jpg

中々コンパクトで持ちやすく、重さもスマホ程度なので気軽に持ち歩けそうです。

mini_fan_5.jpg

角度を付けて、平らなところに置くことも出来ます。

mini_fan_6.jpg

また、折りたたみも出来るので、カバンに入れるには良いかも知れません。

そして、肝心のバッテリーは、LGの2600mAhのリチウムイオン!(汎用の18650タイプ)

mini_fan_2.jpg

充電時間:4.5時間(microUSB端子あり)
使用時間:10時間(低モード)・5時間(中モード)・3時間(高モード)
 ※三段階切り替え

これは素晴らしい!
低モードでもそれなりに風量があり、何より10時間持つというのは画期的ではないでしょうか。

他にも似たような商品が沢山あるようですが、
LGの2600mAhの充電池を使っているのは、今現在これだけのようです。

肝心の風力ですが・・・

mini_fan_4.jpg

大きな3枚の羽と小さな3枚の羽が組み合わさって、低モードでも中々の風力です。
高モードに至っては、ドライヤーの様な風力で汗だくの時でも役立ちそうです。

ただ、動作音は、低モードでも若干するので、図書館の様な静かな場所では厳しいかも知れません。
これは、屋外やある程度騒音のあるところで使用するのに向いていそうです。

キャンプやスポーツ観戦、エアコンのない作業場などでの使用に持って来いかと。(^^)

これが千円ちょっとで買えるんですから、amazonさまさまです。

強いて言えば、もう少し風力を落としても良いので、無音に近い微弱モードがあれば、
文句なしですが、まぁ普通に使う分には十分満足出来る商品かと。

色々使い勝手の良さそうな手持ちミニ扇風機をお探しの方の参考になれば幸いです。
ここまで読んでくれてありがとう。気軽にコメントくださいね☆
-------
posted by yoshi at 22:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

ダンロップ Lofida XT7

さて、前回の記事の最後にて、アルミホイールに交換したことを触れましたが、折角なので何に交換したか紹介しておきます。

純正のアルミホイールは、15インチですが、どうせなら16インチにインチアップしようかと思ったのですが・・・

交換をお願いすることにしたフジ・コーポレーションに聞いてみると、
新型フリードは、ホイールハウスに余裕がないので、インチアップは勧めていないとのこと。(3月当時)

けど、1インチアップ程度なら大丈夫なのでは?という思いもあり結構悩みましたが・・・

今回は、リーズナブル路線で、タイヤをそのまま利用し、ホイールだけをアルミホイールに付け替えることにしました。

ダンロップ「Lofida XT7
(15inch 6.5J インセット53 5穴 PCD114.3)

freed_tire_1.jpg

色は、ガンメタポリッシュで、ボディのモダンスチールメタリックに合いそうな気がして選んだのですが・・・

freed_tire_2.jpg

予想通り、違和感なくスポーティー感も出て、気に入っています。(^^)

ただ、純正以外のポリッシュ系は塩害が気になります・・・が、
このダンロップのホイールは、通常の2倍以上の塩害対策仕様だそうで、その点は安心でしょうか。

また、AWD(4WD)で若干車高が高いこともあり、ホイールハウスの空間の広さがちょっと格好悪いですね。
こればかりは、インチアップしたところで変わらないので、諦めが肝心でしょうか。
さすがに、車高調イジるような車でもないですし。(^^;;

そして、旧ホイールは、オークションへ

freed_tire_3.jpg

タイミングが良かったのか、予想より良い値で売れ、結果的に安くアルミホイール化出来たことに満足しています。

まぁ、普通は、純正アルミホイールを選ぶんでしょうけど、リーズナブルに個性を出したい方の参考になれば幸いです。
ここまで読んでくれてありがとう。気軽にコメントくださいね☆

ps.巷では、16インチや17インチ、はたまた18インチに交換したなんていう強者もいらっしゃるようです。私も16インチにしておけば・・・とちょっと後悔していますが、今回はリーズナブル路線で良しとしようかとw
posted by yoshi at 23:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Car | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする