2015年12月31日

【復帰記念?】SC-02Fのバッテリー

ご無沙汰しております。(^^;;

何気に今年も残すところあと僅か…

このブログ、半年以上も放置しておりましたが、未だに覗いて頂いている方もいらっしゃるようで、嬉しいですねぇ。
閉鎖しようかとも思いましたが、来年からは少しブログ更新の時間が持てそうなので、
意表を突いて復帰することにしました。(^^;アハハッ

ただ、マニアックな自己満足ブログというスタンスは変わらないかと思います。
それでも読んで頂ける奇特な方がいらっしゃいましたら、適当にお付き合い頂けたら幸いです。(笑)

さて、復帰記念記事は何にしようかと思いましたが、
毎日使っているスマホの記事をば。

タイトルにある通り、未だに1年半前に購入したSamsung Galaxy J(SC-02F)を使っています。

これ、格安SIM(IIJmio)での運用ですが、何の不満もなく今でも現役バリバリです。←表現が古っ(^^;;

ただ、唯一の不満は、バッテリーの消費が激しいこと、激しいこと…(爆)
色々な節電アプリを駆使してスリープ時はそれなりに消費を抑えていますが、
重いゲームでもしようものなら、-30%/hとか。(^^;;

まぁ、それでもRAM 3GBの効果は高く、未だに最新スマホとも充分渡り合える
性能を有しているかと。

しかし、最近、急にバッテリーの消費がさらに激しく…

スリープ時でもみるみる減っていく…

そう、どうやら寿命の様です。まぁ、1年半ほぼ毎日使用していた訳ですから、
1日一回充電したとして、500回は充電しているでしょうから、本当に寿命なんでしょう。

で、このスマホの最大の利点は、バッテリーを交換出来ることでしょうか!

docomo純正型番SC11で、今でも売っています。

※amazonにて"SC11"で検索

普段なら安値な互換バッテリーを買ってしまいそうですが、
毎日使うものですし、何よりこの純正バッテリーにはNFCアンテナが内蔵されていて、
Suicaを使いたいなら迷わず純正でしょうか。(笑)
※互換品の中にもアンテナ内蔵のものもあるようですが、厚みが大きいとか色々問題もあるようです。

とりあえず、yodobashi.comのポイントがあったので、全額ポイントで純正バッテリーSC11を購入してみました。
※最近のヨドバシは頑張っていますね。私的にはサービス面では完全にamazonを超えていると思います。

SC11_1.jpg
SC11_2.jpg
※うっすらと四角くアンテナが内蔵されているのが見受けられますね。

早速交換して使ってみましたが、以前のバッテリーの持ちに戻りました。(^^;ホッ

それにしても、只単にバッテリー交換しただけの記事ですが、
前置き等々、長文になってしまいました。

何で今どきのスマホはバッテリー交換出来ないのだろう?!と思ってしまいますが、
防水機能の為なんでしょうね。

次にスマホを買うとしたら、バッテリー交換出来るタイプを切望しますが、
もうそんな機種は中古でもない限り、存在していないかもしれませんね。(残念)

メーカーは、1年ちょっとで買い替えてくれることを期待しているのでしょうか。
性能的に満足行く機種なら長く使いたいもの…と思うのは私だけ?(^^;;

最後まで読んでくれてありがとう。気軽にコメント頂ければ幸いです☆

ps.後6時間少々で新年を迎えます…良いお年を。(^^)
posted by yoshi at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Handy Phone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

dマガジン

年明け最初の記事・・・に相応しいかどうかは分かりませんが、
私的には少々衝撃を受けたドコモ「dマガジン」を紹介します。

いつだったか忘れましたが、ある日の新聞の一面広告に、dマガジンの紹介が・・・

100誌以上の雑誌が、月々400円(税別)で読み放題・・・?!

どんな雑誌が読めるのだろう?と調べてみると・・・幾つかたまに読むことのある雑誌も見受けられ、
それを月に一冊読むだけでも、元が取れてしまう・・・

そんな夢のようなサービスが本当にあるのだろうか?と半信半疑で色々調べてみると・・・

・docomoのスマホ契約をしていなくてもdocomo IDを登録すれば利用出来る
・5台までの機器(スマホ・タブレット)で閲覧できる
・初回31日間無料


この3点(特に最後!w)を知って、それほど迷わず試しに会員登録してみました。(笑)
※月会費は、日割りにならないので、月初めに入るのが得策です。

とりあえず、2週間程度利用してみた結果ですが・・・

・雑誌にもよるが市販の紙本の全てのページが読めるわけではない
 →特に週刊誌のはしょられ具合は予想以上!ただ、それなりに気になる記事は残っているようにも思える。
・ジャニーズ所属タレントの写真はおもむろに切り抜かれている
 →これはそういう圧力が掛っているのでしょう。見たい方はお店へ!(^^;;
・スマホとタブレットのみ対応(パソコンは非対応)
 →パソコンで読めたら最高なのに・・・とも思えるが、値段を考えると致し方なしでしょう。
・雑誌には個別に配信期間とダウンロード後の閲覧期限が設けられている
 →これも値段を考えると致し方なしですが、閲覧期限は、長いもので1年、短いもので2週間など、開きがあるのが気がかり。但し、市販の雑誌でも、一度読めば捨ててしまうことが多いので、これはこれでありかと。(^^)
・バックナンバーは雑誌によりけり
 →ぱっと見、バックナンバーを読める雑誌はかなり限られているようで、少々残念。
・5台までの機器で使用出来る
 →これはお得感抜群です!家族の複数の機器で閲覧できています。
 但し、初代iPadは、OSが古くて利用出来ませんでした。(^^;;
・雑誌の気になる記事は、100ページまでクリッピング出来る
 →これはたったの100ページ?とも思えますが、スマホの画面キャプチャ機能を使えば無限大ですので、問題ないかと。
・アプリの機能はシンプル
 →凝ったことは出来ませんが、普通に閲覧する分には問題ありません。それほどストレスなく読めるので値段を考えると充分かと。


かれこれ10冊程度パラパラとめくりつつ、気になる記事を読んでいます。
家族も色々と読んでいることを考えると、これで月400円(税別)は安すぎ!
会員数が既に100万人越えているというのも頷けます。

少々心配なのが、こんなサービスが益々流行ってしまっては、出版業界への打撃が量り知れないような?!
これは、余計な心配でしょうか・・・(^^;;

色々と制約も多いですが、それなりにメジャーな100冊以上の雑誌をこの値段で読めるというのは何にも代え難いです。

まだ無料期間ですが、このサービスは有料期間になっても継続して行こうと思っています。

気になる方は試してみることをオススメします。気に入らなければ、無料期間中に解約すればよいのですから。

年初から、少々興奮気味に紹介してしまいましたが、私は間違ってもdocomoも回し者ではありません。(^^;;
ここまで読んでくれてありがとう!気軽にコメントくださいね☆

そして、今年もよろしくお願いします。
posted by yoshi at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Handy Phone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

Galaxy Jのアクセサリー

今夏手に入れたスマホ、Galaxy J(SC-02F)ですが・・・

思いの外、記事にしてないですね。(^^;;

実は・・・手放して・・・ではなくて、(笑)
今ではなくてはならない便利アイテムとして日々使っております。

性能もRAM 3GBと折り紙付きなので、特に不満なく使っています。
液晶も鮮やかで見やすく、5inchの大きさも丁度良く、
壊れるまで使って行けそうな感さえあります。

ただ、使っているときのバッテリー消費が少々大きいかもしれません。
まぁ、これは高性能なCPUを使っていることから仕方がないのかも知れません。
それでも、普通に使う分には一日は充分持つので、滅多なことではモバイルバッテリーを
持ち歩かなくても何とかなっています。

そして、この機種の安心材料は、バッテリー交換出来ることでしょうか。
今どきのスマホは、ユーザーがバッテリー交換出来ませんので、ポイント高し!です。
ただ、その代わり、防水じゃないのが残念なところ・・・
まぁ、これは、水に濡れないよう大事に扱うという効果もあります。←前向きぃ!(笑)

さて、これだけ気に入っているのに、記事が少ないのは何故か?と言うと・・・

特にいじる(ROOT化など)こともなく、無難に使用していて、
それで満足してしまっていたからかも知れません。(爆)

ただ、アクセサリーとして、ケース&保護フィルムを購入していて、
これまた気に入っているので、紹介して置きましょうか。(^^)

まず、ケースは、
「柔らかなカーフレザー(仔牛革)を使用した高級スマホケース」に。

SC-02F_6.jpg
SC-02F_7.jpg

無難なブラックを買ったのですが、中がオレンジ色で中々オシャレ!
それにしても、感触の良い本革で作りも良く、2480円にしては良く出来ています。

はめてみると・・・

SC-02F_8.jpg
SC-02F_10.jpg

ぴったり、ジャストフィット!

フタを保持する磁石も使い勝手が良いです。

そして・・・

SC-02F_9.jpg

こんな風に立てかけられるのも嬉しい機能。

かれこれ、3ヶ月使っていますが、柔らかい革の割に丈夫で、益々気に入りました。

さて、お次は、保護フィルム・・・

実は、当初・・・一般的な滑りの良いと言う保護フィルムを貼っていたのですが、
指紋の付きがハンパなく、思ったより滑りも悪いということで・・・

少々奮発して、ガラスフィルムを買ってみました。

ガラスフィルムも色々あるようですが・・・

【硬度9H、極薄0.26mm】【衝撃、指紋汚れに強い】【気泡ゼロ】【日本製ガラス使用】

という謳い文句と、1580円というガラスにしては、安値に惹かれ・・・(笑)

届いたのは、これ・・・

GJ_Glass_1.jpg

何故が厚みは0.26mmではなく、0.3mmと表記がありますが・・・

GJ_Glass_2.jpg

クリーナーシートが付いていたり、シッカリした製品のようです。

取付も硬いガラスなので位置合わせがしやすく、張りやすいです。
下のホームボタンの中央に合うように下から合わせ、上方に曲がらないように
注意しながら合わせて行ったところ、曲がりや気泡なく綺麗に貼れました。(^^)

GJ_Glass_3.jpg
GJ_Glass_4.jpg

それにしても、このガラスフィルム・・・

固さ、滑り、透明度、汚れにくさ、汚れの拭き取り安さ、どれを取っても素晴らしいです。
今回初めてガラスフィルムにしたのですが、これほどまでとは・・・(^^)

これを味わってしまうと、もう普通の保護フィルムには戻れません。
0.3mmと少々厚みがありますが、液晶保護の安心感も相まって気になりません。

これは実際に使ってみないと、その良さが判りにくいので、気になる方は、
店頭で試してみるなど、検討されてみてはいかがでしょうか。オススメですよ!

と、読み返してみて・・・どうでも良い事をつらつらと書いてしまいましたが、
読んでくれてありがとう。気軽にコメントくださいね☆

-------
posted by yoshi at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Handy Phone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

GALAXY Jの使い心地とNOTE(初代)との比較

前記事にて紹介した、SAMSUNG Galaxy J(SC-02F)ですが・・・

RAMが3GB搭載していることもあり、非常に快適に動作しています。
手に入れてから一度もリブートすることなく安定しているのも◎←これって普通?!(^^;;

ちなみに、前に使っていた機種Galaxy NOTE(SC-05D)は、root化して
色々といじっていましたが、このJは・・・

調べてみると、root化出来るようですが、root化に必須なカスタムリカバリーを導入すると、
KNOX WARRANTY VOIDのカウントが上がってしまうようです。
これは、一度上がってしまうと戻すことは不可能なようで、メーカー保証も受けられなくなるようです。
(Suica等のFelicaも不可!)

なので、root化したいのは山々なのですが、今回は見送ることに。(^^;;

まぁ、SC-05Dの時は、限られたRAM(1GB)で少しでも快適に動作させるために、
root化必須だったのですが、このJなら、敢えてリスクの生じるroot化をしなくても、
3GBもあるRAMのお陰で充分快適に動作するかと。(^^)

ただ、root化必須のアプリの中で、特にTitanium Backup Proが使えないのが痛い・・・

自分の使いやすい環境を丸々バックアップ&リストアが、このアプリのお陰で簡単に実現していたので。

そこで、これに変わる非root化対応のバックアップ(アプリデータ含む)アプリを探してみると・・・

Heliumなるアプリを発見!

これ、CyanogenModさんが開発されているようですが・・・?!
あれ、CyanogenModと言えば、例のカスタムカーネルの開発者ではないですか!
これは使えそう!ってことで、使ってみると・・・

う〜ん、ちょっと使い勝手が悪いですが、確かにアプリデータごとバックアップ&リストア出来ました。
非root化対応の為なのか?バックアップ先に使うわけでもないPCにプログラムをインストール&実行し、
カメラモードでUSB接続する必要があります。
この点を除けば非root化でも簡単にアプリデータを含んだ状態でバックアップ出来るので、
オススメのアプリであることは間違いありません。

また、root化しないと消せないDocomo謹製アプリ達をなんとか休止出来ないかなぁと思っていたら、
例のお気に入りアプリであるGreenifyがあれば、非root化でもそれに近いことが・・・

ただ、休止動作のレスポンスはroot化していない場合、非常に遅いです。
まぁ、遅いと言っても数秒なので、我慢出来る範囲・・・?!
それに、やはりワンタッチで登録したアプリを休止してくれるのは非常に快適。

これらアプリのお陰で、SC-05Dとほぼ同様な環境にリストア出来ました!(^^)

いやはや、それにしても・・・このJ、なんの不満もなく、快適そのもの。
このレスポンスの良さを味わってしまうと、あれだけ気に入っていたSC-05Dを
使う気が全く起きません。(^^;;

ちなみに、Android OSのバージョンは、初期4.3だったのを、何度か更新して、
現在4.4.2になっています。

SC-02F_4.jpg

初期の4.3はそれほど触っていないのでハッキリしたことは言えませんが、
KitKatな4.4になったことによる違いはよく分かりません。

巷では、メモリ消費量が減ったとか、動作が軽くなったとか見受けられますが、
Jに関しては、その違いは微々たるものなのかも知れません。

ただ、残念なことに、4.4(KitKat)になってから、外部メモリ(microSD)の扱いに変化が・・・

まさかの書込・消去制限・・・これには少々閉口。

今まで、外部メモリに動画などを入れていたのですが、これらファイルを
ファイル管理アプリ(ESファイルエクスプローラーなど)にてファイル名変更や削除が
行えなくなってしまったのです。(もちろん、ディレクトリ操作も・・・)

Android OS開発者の言い分は、メモリ全体をOSから把握したいようで、外部メモリは、
抜き差し可能なため管理不能ということで、リートオンリーにしたのだとか。
厳密には、アプリが使用する特定フォルダーのみフルアクセス出来るようですが。

使い勝手を悪くする仕様変更に思えますが、今どきのスマホは、防水仕様の為、
外部メモリがない場合もあり、それほど話題にならないのでしょうか?
私的には、非常に不便を感じる困った仕様変更に感じます。(^^;;
ちなみに、USB接続にて、PCからは、フルアクセス出来ます・・・
それにしても、中途半端な仕様ですよね。

さて、気を取り直して・・・

Jの裏蓋を開けると・・・

SC-02F_5.jpg

SC-05Dに似た感じですが、一つ便利になったのは、外部メモリ(microSD)の取付方向です。
今までは、バッテリーを外さないと、microSDカードを取り外せなかったのですが、
横向きになったことで、バッテリーを外すことなく、カードの抜き差しが出来ます。
これは何気に便利!まぁ、裏蓋を外すのが少々面倒ですが。(^^;;

ではここで、SC-05Dとの比較を少々・・・

NOTE(SC-05D)
本体サイズ:83x147x9.9mm 184g
液晶サイズ:5.3inch(800x1280 WXGA)
CPU:APQ8060 1.5GHz(デュアルコア)
内部メモリ:RAM 1GB ROM 16GB
バッテリー:2500mAh

J(SC-02F)
本体サイズ:70x137x8.6mm 146g
液晶サイズ:5.0inch(1080x1920 FHD)
CPU:MSM8974 2.3GHz(クアッドコア)
内部メモリ:RAM 3GB ROM 32GB
バッテリー:2600mAh


SC-02F_hikaku1.jpg
SC-02F_hikaku2.jpg
SC-02F_hikaku3.jpg

サイズは、横幅が13mm短いことによって、非常に持ちやすく、片手入力も快適に!
重量は、38g軽いですが、ケースを付けることを考えると、微々たる違いですね。(笑)
液晶サイズが小さくなっていますが、より精細(FullHD)で発色も良く、見やすい。
使っていると、小ささもそれほど気にならなくなるから不思議。(笑)

そして、CPUとRAMの違いは、レスポンスに大いに影響しているようです。
バッテリーは、大して違いませんが、実際に使ってみると、待機状態でのバッテリー消費は大きく違って、
Jはかなりの省電力設計のようです。
ただ、実際にフルパワーで動作するようなゲームなどをしているときの消費は激しく、
本体に熱も生じるほどです。まぁ、Battery Mixアプリでチェックする限り、
フルパワーでもSC-05Dほどではないようですが。

ホントに、このJ・・・大きな不満もなく、高性能で優等生なスマホです。

人気がないのが不思議なくらい。まぁ無難というか無難過ぎるのが欠点?!(爆)

私的には、バッテリーが交換出来て、長く使って行けそうな最高の相棒かと。(^^)

(つづく)

少々マニアックで私的思い込みの激しい記事をここまで読んでくれてありがとう。
気軽にコメントくださいね☆
posted by yoshi at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Handy Phone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月31日

GALAXY J

前回のスマホの記事「SC-05D、結局純正カーネルに・・・」にて、
純正カーネル(4.1.2)に戻し、ケースも替えて、当面使う予定だったのですが・・・

最近、Galaxy Noteの三代目にあたる、Note3(SC-01F)のオークション相場が
最安3万5千円程度に下落していることを知ってしまい・・・

初代Note(SC-05D)のメモリ不足からくる遅さに、イライラが募り・・・

買い替えモードに?!(^^;;

思えば、初代Noteは、1年半以上使っているのですが、root化、カスタムカーネルなど、
色々と楽しませてもらっているお気に入り機種ではあったのですが、
いかんせん、1GBのメモリが逼迫しており、我慢にも限界が。。。

純正カーネルに戻したことにより、突然リブートすることなく安定してはいたのですが、
root化して不要なDocomo謹製アプリなどを根こそぎ休止していたものの、
少し動作させているとメモリ残量が100MBを切ってしまうこともしばしば・・・

その割に、リブートすることなく動作してくれるのは、純正カーネルのお陰なのでしょうが、
カスタムカーネルに比べ、モタツキ感は否めず。。。(^^;;

・・・とツラツラと書いてしまいましたが、要はスマホを買い替える口実と言うわけです。(笑)

で、Note3(SC-01F)にしたのかと思いきや、
何故か、Galaxy J(SC-02F)にしたのでした!(爆)

SC-02F_0.jpg

この所の流行なのでしょうか?
スマホ本体がギリギリ収まるコンパクトな箱に入っています。

SC-02F_1.jpg

今までのGALAXYシリーズと違って、少々角張っている本体・・・
iPhone程ではないにしろ、優しい丸みを帯びた形状から、路線変更でしょうか?

色は、白(Satin White)・青(Lapis Blue)・ピンク(Coral Pink)の三色・・・

SC-02F_3.jpg

無難な白(Satin White)にしましたが、
横に筋が入ったような大理石を思わせるデザインで気に入りました!(^^)
(パッと見、GALAXYシリーズではないように見えるのも新鮮?!)

ちなみに、製品名の「J」は、
・日本オリジナルデザインとして"Japan"のJ
・スペックなど中身は本格派という意味で“Jewel”のJ
・GALAXYシリーズの新たな旅立ち“Journey”のJ

の意味が込められているようです。 (ケイタイWatchの記事から)

素直にステキだなぁ・・・さぞかし売れてるのかな?!
と思いきや、残念ながら、不人気機種のようです。何故?!(^^;;

実は、ほぼ同じスペックの兄弟機(Note3)があって、そちらに流れているのかもしれません。

しかし、その兄弟機(Note3)との大きな違いは、
・液晶サイズ ... 5.7inch(Note3)→5.0inch(J)
・Sペン ... 付属(Note3)→なし(J)
・バッテリー容量 ... 3200mAh(Note3)→2600mAh(J)

程度でしょうか。

そして、これが購入の決め手となったのですが、
それは・・・オークション相場の最安が、2万5千円程度!※7/31現在

Note3と比較して、1万円も安いのです。(不人気機種のせい?)

何気に、初代Noteが少々大きいかな?と思っていたこともあり、
より適度な大きさで性能が最新のNote3と変わらない"J"に流れるのは、
type:yoshi!的には必然だったのかも知れません。(^^)

それにしても、2.3GHzクアッドコアのCPUを採用し、
しかも、メモリが大盤振る舞いの3GBも積んだ(今夏モデルでも2GBが標準)、
この魅力的な機種が、こんな値段で手に入るなんて想像していませんでした。

なので、初代Noteを横目に、購入に踏み切ってしまったという訳です。(爆)

何故このように相場が下がったのかというと・・・
ショップによって、これら機種のMNP一括購入価格が0円になったからのようです。
(オークションではなく直接買えば?と思われる方もいるかも知れませんが、
 ○ヶ月の通信契約が必要だったり、解約違約金が必要だったり、面倒なので・・・)

Note3ですら、あの性能で3万5千円程度というのは安いと思います。
MVNOの格安sim運用をされている方は、オークション・・・要チェックですよ!

暫く当ブログは、このGALAXY Jの話題ばかりに?!・・・自己満足ブログですので、
お許し下さい。(^^;;

少々マニアックで私的思い込みの強い記事にも関わらず、ここまで読んでくれてありがとう!
気軽にコメントくださいね☆

-------
オークションが面倒な方は、amazon(マーケットプレイス)にて・・・

思いの外、安いですね。※7/31現在、28800円(一括購入保証ありの新品)
posted by yoshi at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Handy Phone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする