2013年09月28日

ロスジェネ・・・

TBSドラマ「半沢直樹」・・・もの凄い人気でしたね!

最終回の平均視聴率は、42.2%とか?!(驚愕)

ご多分に漏れず、私も毎回楽しみに見ていました。(^^)

話の感想は、このブログに相応しくないでしょうから、
ここではマニアック路線で行かせて頂きます。(笑)

さて、この半沢直樹ブーム・・・暫く続きそうですね。

間違いなく、「倍返しだ!」は流行語大賞になるでしょう。

そこで気になるのが、続編「ロスジェネの逆襲」でしょうか。

2012年6月の発売ですので、まだ文庫本が出ていないのが、残念なところ・・・

そこで、楽天kobo君の登場です!(笑)

気前の良い楽天さんのkoboなので、たまに40〜50%引きクーポンが出たりすると、
密かに電子本を購入していたりしていました。

で、今の旬な話題作「ロスジェネの逆襲」の電子本をクーポンを使って購入してしまいました。(^^)

普段、小説本など滅多に買わない私ですら買ってしまう・・・
おそるべし、半沢直樹・・・じゃなくて、池井戸潤人気!(爆)

kobo_lossgene.jpg

楽天kobo君とアンドロイドアプリkoboに入れて、夜な夜な布団の中にて3日足らずで読んでしまいました。

いやぁ、面白い・・・最初は全体像を把握するのに少々難儀しましたが、
後半はもうスルスルと・・・半沢直樹節炸裂で、気分爽快!
そして、読みながら、堺雅人さんやミッチーが頭に浮かぶのはドラマの影響もろ受け?(笑)

少しネタバレになりますが、今回、花ちゃん「倍返しだ!」は出ませんでしたが、
それでも十分楽しめる作品でした。ラストも良かった。

半沢直樹のような言いたいことを言う、それも筋の通った・・・
そして、彼の仕事への取組み方も魅力的に描かれ、今の若い世代(=ロスジェネ?)にも
大いに読んで欲しい作品かと。

あれ?何気に感想になってますね。こういうのを筋が通らないと言うんですね。(^^;;

言いたかったことは、楽天kobo君・・・何気に活躍してますよ!ってことです。(笑)

いつの間にかバージョンも上がって、安定動作&レスポンスも良くなっています。
あの、新聞紙のようなディスプレイ表示も何気に見やすいですし、
スマホ(koboアプリ)で読むより目が疲れないので気に入っています。

そして、キャンペーンで割引クーポンが良く発行されるのも◎ですし。(^^)

支離滅裂な文章をここまで読んでくれてありがとう。気軽にコメント下さいね☆

-------
posted by yoshi at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月10日

kobo touch、何気に使える?!

先日紹介した、楽天kobo touchですが・・・

レスポンスや操作性の悪さを除けば、何気に使えます。(^^)
(まぁ、あのモッサリしたレスポンスは耐えられない!という方も多そうですが・・・笑)

特に気に入ったのは、
・楽天のポイントが使える!
・内蔵ストレージ(microSDカード)が交換出来る!

です。

前者の楽天ポイントの件は、期限付きポイントの消費に便利です。
(500円以下のダウンロードコンテンツもあるので、気兼ねなく使える)
後者は・・・少々マニアックネタですが、kobo touchを購入するくらいの方は、
既にご存じ?もしくは実践してるかも知れませんね。(^^)

私も言わずもがな・・・とっくに実践していたりします。(笑)

折角なので、紹介しておきます。

まず、こちらの記事をよ〜く読んでおきます。(参考になる記事を公開されている方に感謝!)

下準備として・・・
・大容量のmicroSDカード ... 私は手元にあった16GBのmicroSDHC(Class4)を用意。
DDforWindows(Windowsの方) ... フリーのディスクイメージの読込/書込ソフト。
MiniTool Partition Wizard ... フリーのパーティション操作ソフト。(領域の拡張に使う)
を用意しておきます。(Windows以外の方は、ネットで検索してみてください)

さて、早速取りかかります。(ここからは、保証が効かなくなる作業なので、自己責任で!)

1) 裏蓋の取り外し

電源スイッチ近辺の枠を指でずらすと、こんな感じで隙間が広がります。

Kobo_kai_1.jpg

ネットの情報では、テレホンカードの様な薄い板やマイナスドライバーで爪を外していくとありましたが、
私は、ちょっと強引に親指でバキバキと外してしまいました。(笑)

Kobo_kai_2.jpg

思いの外、簡単に外れました!(^^)
しかし、下手をすると裏蓋の爪が欠けてしまいますので、慎重に。

Kobo_kai_3.jpg

それほど高密度ではありませんが、まんべんなくチップが載っています。

2) 内蔵microSDカードの取り外し

目的の内蔵microSDカードスロットは・・・ココです!

Kobo_kai_4.jpg

ソケットのロックは、右にスライドさせると、写真のように外れます。
内蔵カードは、SanDisk 2GB microSDカードでした。

3) ディスクイメージの読込/書込

DDforWindowsを使い、オリジナルの2GB microSDカードのディスクイメージを”読込”し、
用意した大容量microSDHCカードに、”書込”します。

4) パーティション領域を拡張

MiniTool Partition Wizardを使い、”書込”したmicroSDHCのkobo領域のサイズを、
最大まで拡張します。(Resize→Apply)

5) ”領域を拡張”したmicroSDHCカードの取り付け

取り外したmicroSDカードスロットに、位置を合わせ取り付けます。

Kobo_kai_6.jpg

ソケットは、左にズラし、確実にロックします。

6) 裏蓋を取り付け、容量アップの確認

裏蓋を本体に合わせ、バキバキと爪をはめていきます。
容量の確認は、設定→デバイス情報の内蔵ストレージを見ます。

Kobo_kai_7.jpg

見事、容量アップに成功!(^^)
こんなに簡単に出来るなら、交換しない手はないですね。

もちろん、左側面にmicroSDカードスロットがあるので、そちらを利用すれば済むことですが、
内蔵ストレージの方が、速度面など、何かと有利なようです。

実際、コンテンツの更新時間(激減)や操作時のレスポンス(若干早い)に違いを感じました。

いいことづくめですが、少なくともこの改造・・・
メーカーは推奨しないでしょうから、あくまで自己責任で。(保証は効かないと思っていた方がよい)
念のため、オリジナルの2GB microSDカードは保存しておくことをオススメします。

【注意】Koboアプリで本をダウンロードした後のコンテンツの処理にバグがあるようで、
異様に時間が掛かった挙げ句、USB接続でコピーしてあったコンテンツが見えなくなりました。
再度USB接続して、内蔵ストレージを確認したら、コピーしてあったコンテンツは存在し、
再度コンテンツの処理後に、復活!(^^;ホッ
元に戻って良かったのですが、今後のダウンロード後のコンテンツの処理がちょっと心配。(8/11追記)


相変わらずのマニアックネタ、ここまで読んでくれてありがとう☆
気軽にコメントくださいね。(^^)
posted by yoshi at 21:10| Comment(5) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月04日

kobo

コボ・・・と言えば、読売新聞朝刊の4コママンガ「コボちゃん」を
イメージする方が多いかと思いますが・・・(^^)

今、ある意味話題?のブックリーダー楽天kobo touchのことでした。(笑)

実は、私・・・

発売日(7/19)の前日、予約販売終了間近に注文した口です。(人柱とも言う?・・・笑)
と言うのも、楽天のプラチナ会員の場合、3000ポイントも還元されるというので。(^^;;
定価7980円ですから、実質4980円で買えたようなものです。

しかし、届いた商品は、価格なりの微妙な感じ?(ネットでは酷評されている?)
まぁ、5千円・・・と思えば、私的にはアリの範疇ですが。(笑)

さて、届いた商品は・・・

Kobo_1.jpg

帯の付いた、まるで書籍のようなパッケージ。

箱を開けると・・・

Kobo_2.jpg

これまた、アップルを意識しているようなシンプルな構成。

付属品も必要最低限で、マニュアルはペラペラ・・・

Kobo_3.jpg

しかも、電源を入れると・・・

Kobo_5.jpg

パソコンに繋いで、セットアップ要求!!!

これは、一般向けの商品ではないですね。
アップルを意識するのは分からないでもないですが、ちょっとやり過ぎ!
もしこれを年配の方にプレゼントしようものなら、問い合わせの嵐でしょう。(笑)

色は、見てお分かりの通り、黒にしました。
当初、シルバーにしようと思っていたのですが、表の枠が白なので、
何年かすると色褪せて黄色みがかってくるのがいやなので。(^^;;

Kobo_6.jpg

裏は、立体感のある斜めの格子状のデザインで、つや消し黒の塗装と相まって、
中々高級感があって良いです。

インターフェースは至ってシンプルで、
上側面右端に電源スイッチ、表面下方に操作ボタン、下側面中央にmicroUSB端子、
左側面下方にmicroSDカードスロット、裏面下方にリセットボタン(小さい穴)のみ。

Kobo_7.jpg

特に、microSDカードスロットは、本体の容量(2GB)を増やすことが出来て、ありがたい。
これは、アップルにも見習って欲しいですね。(^^)

さて、パソコンに繋いでのセットアップが無事に済んで使ってみることに。
しかし、このセットアップ・・・楽天のユーザーIDへのアクティベートが必要なのですが、
楽天のサーバーの問題で、発売後数日間、うまくアクティベート出来ないなどのトラブルがあって、
ネットでも話題になっていました。(今は問題ないようです)

まず、幾つか青空文庫(無料ブック)をダウンロードしてみると・・・

Kobo_8.jpg

E Ink(電子ペーパー)なので、バックライトのない白黒表示ですが、16階調あるので、
中々見やすい!
フォントの大きさも自由自在で、何より目に優しい感じなのが好印象。

あれ?ネットで酷評されているほど悪くないかも?!

とも思えますが、問題なのは、操作性・・・

ハッキリ言って、レスポンスが悪いです。タッチしても反応しなかったり、
後から連続して反応してしまったり。

表示の切り替えは、まったりと遅く、白黒反転(リフレッシュ)することもありますが、
これは電子ペーパー特有の挙動なので、想定範囲。
この挙動が我慢出来ない人は、電子ペーパー式のブックリーダーを買ってはいけません。
(素直に、iPadでも買えば幸せになれます。ただ、高いけど・・・笑)

このE Inkの電子ペーパーの利点は、紙の印刷物のような表示と低消費電力に尽きます。
特に消費電力は、表示の書換え時のみしか電力を使わないので、驚異的な低消費電力です。
なので、連続駆動時間約1ヶ月というのはあながち嘘ではないはずです。(^^)

さて、他にPDFファイルが直接読めるようなので、microSDカード経由で読んでみました。

Kobo_9.jpg

悪くはないです。ただレスポンスが悪く、少々見にくい!
拡大した状態で、ページめくりが出来なかったり、操作性にも難あり。
まぁ、読めるだけでも良しとするべきかも?(笑)

次に試したのは、テキストファイル。
これは噂通り、日本語は文字化けします。(EUC、SJIS、UTF-8などことごとくNG)
ただ、対策として、拡張子をhtmlに変更し、
こちらのサイトで本文を変換して書き換えます。
(本文の前後に、短いコードが追加されます)
これで、日本語表示やフォントサイズ変更も可能となります。(公開されている方に、感謝☆)

ちなみに、WiFiを有効にすれば、ウェブブラウザ機能も使えます。

Kobo_10.jpg

ただし、ご覧の通り、ちょっと見にくく、操作性も悪く、実用的ではないです。
とりあえず、「見れます!」的なオマケ機能なんでしょうね。

後、面白い機能として・・・

・スケッチブック
・数独

が入っています。(設定→その他)

スケッチブックは、単純な手書きツールですが、手書きメモを画像ファイルとして保存でき、
スリープ時に表示させておくことも可能です。

数独は・・・

Kobo_11.jpg

まぁ、これは・・・暇つぶしに持ってこいのオマケ機能でしょうか。(笑)

そんな感じで、思ったより使える感じではあります。
今後のバージョンアップで、レスポンスが改善されると良いのですが。(^^;;

とりあえず、発展途上の格安電子ブックという位置づけで、レスポンスを気にしない方には、
オススメ出来るかも・・・普通の方は、手を出さない方が・・・?!(爆)

私的には、元々電子ブックに興味があり、(E Ink技術自体にも)
コンパクト&軽量&記憶領域拡張可能で、安値なところは買うに値するオモチャだと思っています。

う〜ん、何だか褒めているのか?けなしているのか?勧めているのか?勧めていないのか?
微妙な記事となってしまいましたが、気になる方は検討されてみては?(^^)

最後に、マニア向けの非常に参考になるサイトを紹介しておきます。

楽天kobotouch 非公式Wiki

ここまで読んでくれてありがとう。気軽にコメント下さいね☆
-------
【送料無料】kobo Touc...

【送料無料】kobo Touc...
価格:7,980円(税込、送料別)

posted by yoshi at 17:50| Comment(2) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

スティーブ・ジョブズ

新年明けましておめでとうございます。
昨年は震災で大変な年となりましたが、今年は前向きに明るく楽しい年にしたいですね。
私はいつもと変わらず、まったりとブログ更新していこうと思っています。
どうぞよろしくお願いします。(^^)

さて・・・遅ればせながら今話題の本を読み終えました。

「スティーブ・ジョブズ T&U」

Steve_Jobs_books.jpg

トータル850ページ以上・・・疲れました。(^^;;

だけど、とても読みやすく、するすると読めました。
これも著者と翻訳者の巧みな文章のお陰かも知れません。

それにしても、彼・・・とんでもない人です!(笑)

現実歪曲フィールドと言って、彼の世界観を強力に押しつけて、
周りに迷惑掛けまくりなんですが・・・

何気に、結果的には彼は正しく、彼の作り出す作品達は、
とても先進的で、デザインにも優れ、しかもシンプルの極みで使いやすい!
(初期のMacintoshやiMac、iPod、iPhone、iPadなどなど)

彼に関わった人達は、「できっこない」ということを無理強いされて・・・
だけど、最後には何とか出来てしまうスティーブマジックを味わう貴重な経験をしているようです。

しかし・・・完璧主義の彼は言いたい放題、ののしり放題・・・
「すばらしい!」と思う事もある一方、それ以外は全て「くそったれ!」だそうです。(爆)
彼の逆鱗に触れようものなら、即解雇とも・・・(^^;コワッ

私的には上司にしたくないタイプだけど、関わっていたら人生変わっていたかも?
・・・といいつつ、きっと、耐えられなかったかもしれません。(^^;;

他人への配慮が欠落しているという社会人として致命的な欠点があるものの・・・
成し遂げた数々の業績を鑑みるに、間違い無く歴史に残る偉人であることは間違いないと思います。

だけど・・・この本を読んで、彼を真似ようと思う輩が現れそうでちょっと心配。

・若い頃は、一週間風呂に入らず、しかも裸足でウロウロ
 (菜食主義なので匂わないと思っていたらしい)
・若い頃、LSD(薬物)をやっていた。しかも良い経験だったと・・・
・車はナンバープレートを付けずに走る


なんだそうです。(笑)

でもまぁ、デザインへのコダワリ、シンプルで使いやすいものへの飽くなき追求、
諦めない仕事への取り組み、人を魅了するプレゼンテーション
、などなど・・・
見習うべき事は多々あるのも事実。

機会があれば一度読んでおいて損はないかと。(^^)

ps.読破後、オークションに出品したら、それなりの値段で売れました。
 暫くは人気の本のようです。

-------
posted by yoshi at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

読心術?

珍しく、本の紹介を・・・

新潮文庫の泡坂妻夫著、
しあわせの書―迷探偵ヨギガンジーの心霊術
です。

Book_shiawase.jpg

これ、何のことはないミステリー本なんですが・・・

どうしても手に入れたい訳がありました。

それは・・・

この記事のタイトル・・・そう「読心術」が行える特別な本なのです。

「嘘でしょ?」と思う事なかれ・・・

裏書きには、

二代目教祖の継承問題で揺れる巨大な宗教団体“惟霊講会”。
 超能力を見込まれて信者の失踪事件を追うヨギガンジーは、
 布教のための小冊子「しあわせの書」に出会った。
 41字詰15行組みの何の変哲もない文庫サイズのその本には、
 実はある者の怪しげな企みが隠されていたのだ―。
 マジシャンでもある著者が、この文庫本で試みた驚くべき企てを、
 どうか未読の方には明かさないでください。


とあります。

気になるでしょ?(笑)

早速、読み終えた私は・・・

確かに、読心術のようなことができます。これホント!(^^)

パラパラとページをめくりつつ、相手に指を挟んで止めてもらい、
そのページ数を軽く見て覚えてもらい、
相手に、そのページの最初の言葉を念じてもらうと・・・

あら不思議、私は当てることができます。

どんなページで止められても、OK!
ただ、私がページをめくり、相手に指を挟んでもらう必要があります。

これは良くできた本です。

というより、読心術ができる本なんです。(^^)

気になる方は、是非、手に入れてみて下さい。

普通の文庫本と変わらない、定価420円の品です。

ps. 中々本屋で見つけられない場合は、amazon(↓)が便利です。

posted by yoshi at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする