2010年02月11日

嬬恋2010C〜パルコール〜

少し日が空いてしまいましたが、嬬恋小旅行Bの続き(完結編)です。

こういう旅行記って、鮮度も大事だったりしますよね。
書いている本人のモチベーションも下がってきますし。
そんなわけで、少々面白味に欠ける記事になってしまうかもしれませんが、
ご了承ください。(^^;;

さて、快適なプチホテル Villa R&Tを後にし、パルコール嬬恋スキーリゾートへ。

車で、20分程度でしょうか、スキー場に近づくにつれ、雪が結構残っていました。

一応、スタッドレスなので、問題なく到着。
駐車場には車が40台程度でしょうか?結構空いているようです。(平日だから?)

palcal1.jpg

天気も良さそうで、否が応にも期待が高まります。

早速、ゴンドラに乗り、上へ!(^^)

palcal2.jpg

上の方は、雲が掛かっていますが、それほど視界は悪くなさそう。
はやる気持ちを抑えつつ、軽く準備運動し、滑り出すと・・

おぉ〜、朝降った雪のお陰が、キュッキュと締まった気持ちの良い雪質!

真ん中のコースをゴンドラ下まで滑りましたが、中々滑走距離が長く、楽しめます。

さて、二本目・・・

途中、何故か誰も進入していかない「アンダンテコース(中級)」に向かってみると・・・?

palcal3.jpg

おぉ〜、これはフワフワのパウダースノーではあ〜りませんか!(笑)

斜度はそれほどありませんが、スノボで滑ると、雲の上を滑っているような
不思議な感覚に・・・最高のコンディションで、顔が緩みます。(^^)

何で、誰も滑ってこないんだろう?と思いつつ、(新雪は滑りにくい?)
何度か気持ち良く滑っていると、ほどなくランチタイム。

センターハウスで、親子丼を注文。(1,100円)

palcal4.jpg

お肉も柔らかく、なかなかの美味しさでした。
最近のスキー場は、食事も頑張っていますね。
(少々高い気もしますが、人件費等を考えると致し方なしかと)

さて、ここでゴンドラからの浅間山の景色を一枚。

palcal5.jpg

そして、頂上付近は下界とうって変わって、幻想的な・・

palcal6.jpg

樹氷が・・綺麗でした。(ちょっと寒かったですが・・)

いやはや、昨日の宿に続き、今日のスキー場も最高!

アホな私は、その時の気持ちを・・・

palcal7.jpg

こんな姿で表してみたり。(ただ、寝転がっているだけですが・・笑)

リフト待ちもなく、滑り通しだったので、PM3を過ぎる頃にはもう十分!
ってことで、早めにあがることに。(かなり太もももパンパンに・・)

スノボ(スキー)の後は・・・もちろん?!

温泉ですよね。(笑)

宿のオーナーから、スキー場そばの
嬬恋バラギ湖畔の湯」の紹介を受けていましたが(100円割引券も頂いた)、
露天がないようなので・・・少々頑張って、
軽井沢の「千ヶ滝温泉」へ。

palcal8.jpg
(明るい内に着きましたが、出るときに撮ったので真っ暗・・)

ここ、以前利用したことがあり、大きな露天があった記憶があったので。

しかし、料金が・・・なんと大人一人1,100円!(湖畔の湯は、500円)
(プリンス系のスキー場のリフト券があれば、200円引きだったのですが、
 嬬恋はプリンス系ではありませんでした)

ちょっと高いなぁと思いつつ、結構疲れていたのでそのまま入ることに。

内風呂も露天風呂も広く、とても気持ち良かったのですが、
更衣室の洗面台に椅子がないのと、寝転べる休憩室がないのが
料金を考えると、ちょっと不満。
(今、ホームページを見ると、200円割引券がありました・・残念)

さて、そろそろまとめに入りますね。

思いつくままに書き綴ってきましたが、今回の小旅行、読んで頂いた方も
感じて頂けたかも知れませんが、かなり満足度が高かったです。

それも、「プチホテル Villa R&T 北軽井沢」の存在が大きいです。
気になった方は、是非(閑散期に?)行かれてみて下さいね。

もちろん、スキー場のパウダースノーも、ここ何年も味わったことがないような
雪質で最高でしたが。(これは天気次第ですが・・)

ところで、スキー場に関して、ちょっと気になることが・・・
ここ数年、スキー場に行かれた方は感じられているかと思いますが、
リフト待ちがほとんど無いくらい空いている・・・(話によると土日も?)

不景気なのと、若者のスキー・スノボ離れが関係してそうですが、
これでは経営が成り立たないスキー場も多いかと。
(実際、破綻・合併も多いようですし)

スキー・スノボ好きの私としては、本当に心配です。
もちろん、ゲレンデが空いている方が気持ち良いですが、複雑な気分。(^^;;

はたして、以前のようなスキーブームはもう来ないのでしょうか?
まもなく冬期オリンピックも始まりますし、盛り上がって欲しいモノです。

(おわり)

ps.小旅行にも関わらず、長編記事になってしまいましたが、
 ここまで読んでくれてありがとう!お気軽にコメントくださいね。
posted by yoshi at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

嬬恋2010B〜Villa R&Tの朝食〜

さて、嬬恋小旅行Aのつづきです。(^^)

プチホテルの気持ちの良いふとんで爆睡中、目覚ましが・・・

寝ぼけ眼でカーテンを開くと・・・

そこは白銀の世界?!夢まぼろし?!(^^;;

villa_morning.jpg

あれ?昨日の天気予報では、晴れ予報だったはず?!
しかも、まだまだ降り続いている・・・

う〜む、昨日スキー場へ行っとけば良かったかな?(昨日はほとんど曇りだった)
とちょっと後悔しつつ、朝食を取りにリビングへ。

リビングのテーブルからの外景色は・・・幻想的!

villa_bf1.jpg

というより、雪・雪・雪!(笑)

そうこうしているうち、朝食が運ばれてきました。
昨晩、あれほどお腹一杯だったのが、普通にお腹が空いている不思議。(^^;;

単品づつ、出来たてをオーナー自ら運んでくれます。
villa_bf.jpg

もちろん、どれも美味しい!
特にミネストローネは、酸味が少なくまろやかで、朝の胃にはベストの味加減。
パンも色々種類があって、どれもアツアツで美味しい。

最後に、
villa_bf6.jpg

地鶏のプレーンオムレツとソーセージ。
一見普通ですが・・・切ってみると・・・

villa_bf7.jpg

おぉ〜、と〜ろとろ&アツアツ!しかもチーズが入って・・・旨すぎ!
思わず叫びそうになりました。(笑)

いやはや、夕食に続き、朝食まで感動させてくれるとは。

普通のペンションは、夕食を頑張っているところもありますが、
朝食は、ブッフェ形式や最初からテーブルに並べられているところがほとんど。

一品づつ出来たて(アツアツ)を運んでくれるおもてなしに、まいりました。

そして、オーナーが天気を調べてきてくれて、
「これから晴れるみたいだよ、山の天気は分からないけど・・・(笑)」と。

本心で本当に「ごちそうさま」と伝え、部屋へ。

ゆっくりしつつ、身支度をしていると・・・いつの間にか雪が止んでいる。
これは、スキー場も期待できそう!

ほどなくチェックアウトの時間に。

それにしても、この「プチホテル Villa R&T 北軽井沢」、何もかも最高でした。
何もかもというのは、ちょっと言い過ぎ?ですが、(^^;;
値段に対する雰囲気・食事・おもてなしが最高”ということです。
私的には、本当にリピートしたい宿No.1に浮上。

ただ、今回たまたま他の宿泊客がいなかったこともあってか、
最高のおもてなしを受けることが出来ましたが、GWや夏の繁盛期は、
限られたスタッフ(オーナーご家族)でどこまで対応して頂けるのか・・・
ちょっと不安事項でもあります。

ここは、やはり・・・今回のような閑散期を狙うのがベストかと。
何より、リーズナブルですし。(^^)

次は、暖かくなって新緑の気持ちの良い(GW明けの空いている)頃に、
お世辞ではなく本気でお邪魔させて頂きたいと思っていることを伝え、宿を後に。
(もちろん、都合が付けば・・ですが。(^^;;)

ここで、オーナーファミリーへのお礼の意味も込めて、宣伝?!
・・・宿の外の景色も紹介させてください。(^^)

まずは、おしゃれな玄関・・・
villa_out2.jpg

雰囲気の良いウッドデッキ。(寒くて利用出来ませんでしたが・・・笑)
villa_out3.jpg

大きな900坪のお庭・・・(他の季節にも是非見たい!)
villa_out1.jpg

宿の全景・・・(雪化粧も相まって、綺麗!)
villa_out4.jpg

本当にオススメの宿ですので、気になる方は是非検討されてみてくださいね!

・・・

さてさて、今回のメイン・・・

パルコール嬬恋スキーリゾート」へ。

メインは、宿では?!・・・という声が聞こえて来そうですが、
折角なので、少し書かせて下さいよ。(笑)

(つづく)
posted by yoshi at 22:55| Comment(2) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

嬬恋2010A〜Villa R&Tの晩餐〜

さて、前回の記事で、もったいぶっていた宿とは・・

プチホテル Villa R&T 北軽井沢」でした。

ここ、通常料金は、B&B(夕食なし)で 9,800〜13,400円なんですが、
閑散期のこの時期は、リーズナブルプランがあって、

「【会員限定】3周年記念特別半額1泊2食付プラン」

が、なんと・・7,450円!(冬期は別途、暖房費として525円)
いつまでこの値段なのか分かりませんが、少なくとも
2010年2月一杯は、全日このお値段のようです。

じゃらんnetの口コミを参考に、それほど迷わずに決めてしまいました。

その後、オーナーとメールのやり取りをして、
・パルコール嬬恋スキーリゾートのリフト割引券(+1,000円)
・赤城牛のサーロインステーキ(+2,000円)
を追加することに。(とても丁寧な対応で、好感度大!)

リフト割引券は、現地にて、1日券を1,000円で購入出来る割引券です。
(要は、2,000円で 1日券を得ることができるという訳)
サーロインステーキは、宿代がリーズナブルだったので、
奮発してしまいました。(^^)

さてはて、程なくVilla R&Tに到着すると、
ガタイの良い紳士風なオーナーが出迎えてくれました。

建物は、3年目ということで、まだまだ綺麗。
オーナーのこだわりが随所に感じられる、洗練された隠れ家といった趣。

villa_main1.jpg
villa_main3.jpg

薪を使う本物の暖炉があって、大人しく可愛らしいダックス犬が
気持ちよさそうにぬくぬくしています。

villa_main2.jpg

このワンコ、とても大人しく人なつっこい性格で、癒されます。
(他に、室内に 1匹、屋外に 2匹いるそうです)

お部屋は、2階の角部屋202号室。

villa_room1.jpg
villa_room2.jpg

ソファーもあって、2人には十分な広さ。
(若干、狭い気もしますが、プチホテルなのでこんなものでしょう)
32インチの液晶テレビやDVDもあって快適です。

2階のくつろぎスペースには、パソコンや沢山の本、DVDソフトがあって、
自由に利用できます。
最近発売されたばかりのマイケルの「THIS IS IT」があったのは嬉しい驚き。(^^)

しばし、気さくでジェントルなオーナーと談話していると・・・
新築の友達の家に招待されているような近親感の涌く気分に。

この日は、ラッキーなことに私たちだけでしたので、なおさらでした。
GWや夏は大忙しだそうですが、この時期やGW開けは空いていて、
リーズナブルプランも相まって、オススメだそうです。(確かにその通り!)

いやはや・・・この時点でかなり気に入ってしまいました。
(まだ、夕食を頂いていないというのに・・・)

程なく夕食の時間になり、嫌が応にも期待が高まります。(^^;;

まずは、前菜のプレートとトマトのサラダ。
villa_dinner1.jpg
villa_dinner2.jpg

厳選素材でとても美味しいです。
特に、トマトは完熟でとても甘く絶品でした。(熊本産だそうです)
そして、不思議な緑の多肉質の葉は、”アイスプラント”という植物で、
もちろん初めて食しましたが、プチプチという不思議な食感!
変な癖もなく美味しく頂きました。

おっと、お酒はこちらのハウスワインを。
villa_wine.jpg

勝沼の「ルバイヤート」という銘柄。
とてもスッキリしていて飲みやすい・・・ひとまず”乾杯”!(^^)

次に、キノコのクリームパスタ。
villa_dinner3.jpg

風味豊かな各種キノコがふんだんに入っており、絶妙な味加減でペロリ。

次は、メインのお肉料理。
villa_dinner4.jpg

大和豚の薄切りをしゃぶしゃぶしたものに梅のドレッシングが
かけられており、柔らかいお肉と相まってさっぱり頂けました。

この時点で、かなりお腹が満たされてきました。(^^;;

そして、お次は・・・アレです。(^^)

villa_dinner5.jpg
(写真は、2人分です)

赤城牛のサーロイン。この肉厚はたまりません。(今見てもよだれが・・笑)

ミディアムレアに焼いてもらいましたが、肉汁したたる食べ応えのある
美味しいお肉・・・ただ・・・この時点でかなりの満腹度!

そして、トドメの豚汁とご飯・・・

villa_dinner6.jpg

いやはや、まいりました。

かなり限界に近い状態でしたが・・・
もちろん、美味しく完食させて頂きました。

最後に、デザートとコーヒー。

villa_dinner7.jpg

コーヒーは、バニラ風味のフレーバーコーヒーで、香りがとても良い!

話を聞くと、国内で色々探した結果、コストコ(外人向けの大型スーパー)で
発見したそうで、わざわざ入間のコストコまで仕入れに行っているそうです。(驚)

実は、我が家の近くにもコストコがあって、何気に会員だったりするので、
コストコの話題で大盛り上がり。(笑)

それにしてもかなりボリュームのある、そして満足の行く晩餐となりました。

妻も同じ量食べたので、今までにないくらい(横になれない位?)
お腹がぱんぱんでキツそうでした。(^^;;

少し時間をおいて、お風呂へ。

お風呂は、部屋風呂は無く、2つの貸し切りタイプ。
岩風呂と檜風呂の趣向の違うお風呂で、裏庭に面した大きなガラス窓と
開けることの出来る小さなガラス窓もあり、半露天気分を味わえます。

今回は、時間の都合で岩風呂だけに入りましたが、2人には十分な
大きさでゆったり入れました。(檜風呂にも入りたかった・・・)

そして、ベットと布団・・・

これまたこだわりがあるようで、体型に合うように沈み込むマットレスと
高級羽毛のフワフワ布団で、最高の寝心地!

いやはや、なんてステキな宿なんでしょう・・・

次の日の天気を期待しつつ・・・深い眠りに・・・(^^)

かなり長くなってしまいましたが、ここまで読んでくれてありがとう!
気軽にコメントいただければ幸いです。

(つづく)
posted by yoshi at 00:18| Comment(2) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

嬬恋2010@〜ハルニレ?〜

先日(平日)、時間が取れたので、嬬恋へスノボに行ってきました。

日帰り圏内ではありますが、急遽宿の予約を取っての1泊2日の小旅行。

宿は、余り検討する時間が無かったのですが、じゃらんnetの口コミを
最重視しつつ、お手頃な価格の宿に決めました。
実は、この宿・・・想像以上の・・・?!(詳しくは別記)

スノボは、初日にする予定でしたが、天気予報は、雨か雪・・・(トホホ)

仕方なく、出発の前日、初日は、軽井沢を観光することに決めました。

平日なので、高速は、1000円にはなりません。(^^;;;

ただ、100km未満でのETC割引を活用するため、東松山ICで一旦降り乗り。
(東松山〜碓井軽井沢で、丁度100km未満)

つくづく思うのは、この100km制限・・・何気に調べるのも面倒だし、
IC出入り口でUターンするのは危なかったり・・・で止めて欲しい!

まぁ、割引になるので、良しとして、碓井軽井沢ICで降りて、
最初の目的地、星のやの「ハルニレテラス」へ向かいます。(^^)

harunire.jpg

ここは、特に期待していませんでしたが、昨夏話題のスポットなので。

出来て半年程度なので、とても綺麗で洗練された大人の雰囲気。
レストランやカフェが 8店舗、雑貨&ギャラリーが 4店舗と、
コンパクトにまとまっています。

と聞こえは良いですが、実際、ちょっと物足りない感じ。
また、雑貨&ギャラリーは、高級そうで、敷居が高く
私のような一般ピーポーは、見て楽しむのみ?(^^;;

しかも、冬の平日なためか?お客さんがほとんどいません。
(メインテナンス期間で休みのお店が多かったせいもあるかも)

こんなんでやっていけるの?状態でしたが・・・
星のやに宿泊されるハイソな方々には軽井沢ショッピングプラザ
ような騒がしい場所ではなく、ハルニレの方が似合うのかも知れません。

本当は、お昼をこのテラスにある蕎麦屋さんでいただこうかと
思っていたのですが、お客がいなくて寂しいので、テラスを後に。

向かったのは、中軽井沢の「かぎもとや」の塩沢店。

kagimoto1.jpg

ここ、初めて入ったのですが、軽井沢では有名な蕎麦屋さんのようです。
(平日でもお客さんが結構いました・・・笑)

軽めに、ってことで”ざる”(850円)を注文。

kagimoto2.jpg

シンプルだけど、旨そうです。
信州蕎麦って、もうちょっと白く細いイメージがありましたが・・?

kagimoto3.jpg

早速、食べてみると・・・

つるっとすすれて、腰があり、旨い!

蕎麦の香りも良いです。

あっという間に食べてしまい、最後に蕎麦湯をつゆに入れてゴクリ。

満足な一品でした。(^^)

さて、お腹も満たされたことだし、妻の要望でもあった、
あの騒がしい?「軽井沢ショッピングプラザ」へ向かいます。
(私たちにはこちらの方が似合う?!・・・笑)

それにしても、ここは、来る度に大きくなっていますね。
全てのお店を回るのは至難の業?って位大きい。

まぁ、このショッピングは今回の旅のオマケですので、
多くは語りません。といいつつ、何気に 3時間ほど滞在。(^^;;

既にPM4近くなので、北軽井沢にある宿へ向かうことに。

最初の方でも書きましたが、この宿が・・・?!(^^)

(つづく)
posted by yoshi at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

江ノ島花火大会2009

夏と言えば、花火!

先日時間がとれたので、江ノ島花火大会に行ってきました。

天気がちょっと怪しかったのですが、日が暮れるにつれ回復傾向に。(ラッキー)

hanabi09_1.jpg

だいぶ人が集まってきました。(江ノ島と月が雰囲気出てますね)

メイン会場は片瀬海岸ですが、激混みなので、お隣の鵠沼海岸に行ったのですが、
サーフビレッジという施設があり、砂浜までの間に幅の広いコンクリートの階段があり、
座るのに持ってこい!結構人がいましたが、隙間に座らせてもらうことに。(^^)

さてさて、肝心の花火ですが・・・

総1時間で、5000発の規模。

隅田川のような 2万発を超える大規模ではありませんが、贅沢は言えません。
江ノ島では、2カ所で打ち上げられるのですが、鵠沼海岸から見ると、江ノ島を挟んで
左右で打ち上げられる形となり、見応え十分!

デジカメを持って行ったのですが、三脚なしの手持ち撮影なので、
写りは期待していませんでしたが・・・

思いの外、見るに耐えられる写真が結構あったので、いくつか紹介します。
(写真がいまいちだったら、この記事は書かなかったかも・・・笑)

hanabi09_2.jpg
大きな花火の中にカラフルな花火が・・・綺麗!

hanabi09_3.jpg
海上花火って趣があって良いですね。

hanabi09_4.jpg
360度綺麗に飛び散っています!

hanabi09_5.jpg
これは今回のベストショット!月と江ノ島の灯台と 2カ所の花火のハーモニー・・・
(今、パソコンの壁紙にしてます・・・笑)

hanabi09_6.jpg
これは、5000発中、4発しか打ち上げられない 2尺玉!
まさに「タマや−!」と叫びたくなること受け合い。(^^)

hanabi09_7.jpg
これは、ボケていますが、上の 2尺玉のその後・・です。
空一面に広がり、海に火花が降り注ぐ・・・鳥肌モノでした。

hanabi09_8.jpg
これは、スローシャッター(1秒)のお遊びです。
シャッター押した瞬間にカメラをグルッと回してみました。
中々面白い写真になりました。

最後は、2カ所で同時に花火が段々と大きくなりながら、(気分を高めつつ・・・)
トドメの 2尺玉という感動的なフィナーレを迎えました。
5000発でも十分楽しめた花火大会でした。(見る場所も良かった)

いやぁ、月並みですが、花火って良いですね!

ps. 写真で少しでもその場の雰囲気を味わっていただけたら幸いです。
 しかし、花火は生で見るに限るかもしれませんね。
 周りの観客の雰囲気や、なりより音の迫力は写真では表せませんし。
posted by yoshi at 00:23| Comment(4) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする