2016年07月06日

V911-proの改造!

前回の記事にて、何を変えたかというと・・・

まず、フライバー。(メインローターの上にあるバランスバー)

V911_flybar.jpg

純正は、円柱形のモノ(オモリ内蔵)が左右に付いており、若干長め。
交換品は、薄い翼のような流線型のモノが付いており、若干短め。
空気抵抗を考えると後者が有利でしょうか。
それに見た目も良いですし(何気に重要!w)。

ただ、短い割に、重量は、2.1gから2.3gへ、若干重い(0.2g位)ようです。

実は、この交換で、例の飛行の揺れがかなり抑えられました。これは良い商品です。

ただ、交換し出すと、これだけでは収まらず・・・(笑)

定番のヘッド(スワッシュプレートなど)のメタル(アルミ)化も。
※思いの外、ヤフオクで安く(1200円位)買えたので、というのは言い訳。(^^;;

V911_metal.jpg

これ、
「Nine Eagles SOLO MAXX V / HUGHES SX / WL toys V911用メタルローターヘッドセット(レッド)」
という商品名だったのですが、色々な機種に適応出来るようです。
逆に、専用じゃなくて大丈夫なのか?と心配しましたが・・・

結果的に、取付出来ました。
※実は、普通にそのままでは付きませんでした!(^^;;
 スワッシュプレートのベアリングの油が固着しており、動きが悪いため、
 注油して動きをなめらかにする必要がありました。
 また、スワッシュプレートの上に位置するメタルパーツの丸い棒の径が太く、
 リンケージの長細い穴に入らないので、少し削る必要がありました。
 また、メインローターに付ける小さなジョイントも、180度方向を変えないと
 リンケージが合いませんでした。


まぁ、取付出来てしまえば、
純正より飛行も安定し、若干ですが動きも俊敏になった様です。
見た目も良いですし、値段を考えたら、十分満足出来るかと。

さて、もう一点・・・

これは飛行性能に影響しなさそうですが、
キャノピーを古いV911用の黒いタイプに、イメチェンを兼ねて変えてみました。

V911_canopy.jpg

ただ、これも若干形状が異なり、V911-proより小さめであったため、そのままでは付きません。(^^;;

V911_canopy-2.jpg

バッテリーコネクタのリード線箇所を露出するように、少しキャノピーをカットしたところ、何とか取付出来ました。

これは、飛行に影響しないと思われましたが、
何気に交換品の方が素材が厚くシッカリしているため、ビリ付き(振動でビリビリいうときがある)が減り、若干ですが飛行も安定したのは、嬉しい誤算でした。
但し、これも、1.8gから2.5gへ、若干重く(約0.7g)なっていました。

と言うわけで、現在の我がV911-proは・・・

V911_canopy-3.jpg

以前の面影のない、精悍な機体に変身しました。(^^)

何より、気持ち悪い機体の揺れが減ったのが良かったです。

それにしてもこの機体・・・もの凄く安定していて、狭い部屋でも不安無くクルクルと飛行出来ます。
電動ヘリ最初の一台にもってこいではないでしょうか。

ただ、フライバー機の宿命か、慣れてくると前後左右(傾き)の操作(舵)の緩慢さが気になってきます。
操作(舵)のレート(2段階あり)を上げると、少し良くなりますが、劇的ではありません。

まぁ、そのお陰で安定した飛行になるんでしょうから、これはこれでありなんでしょう。

といいつつ、私は・・・次なる一手に手を出してしまいました。
これは、ヘリ経験者ならお分かりだと思いますが、いずれまた記事にしようかと思っています。

とりあえず、V911-proの妙な揺れにお悩みの方やヘリ初心者の方の参考になれば幸いです。
ここまで読んでくれてありがとう。気軽にコメントくださいね☆

-------
posted by yoshi at 00:16| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Hobby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439749988
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック