2014年07月31日

GALAXY J

前回のスマホの記事「SC-05D、結局純正カーネルに・・・」にて、
純正カーネル(4.1.2)に戻し、ケースも替えて、当面使う予定だったのですが・・・

最近、Galaxy Noteの三代目にあたる、Note3(SC-01F)のオークション相場が
最安3万5千円程度に下落していることを知ってしまい・・・

初代Note(SC-05D)のメモリ不足からくる遅さに、イライラが募り・・・

買い替えモードに?!(^^;;

思えば、初代Noteは、1年半以上使っているのですが、root化、カスタムカーネルなど、
色々と楽しませてもらっているお気に入り機種ではあったのですが、
いかんせん、1GBのメモリが逼迫しており、我慢にも限界が。。。

純正カーネルに戻したことにより、突然リブートすることなく安定してはいたのですが、
root化して不要なDocomo謹製アプリなどを根こそぎ休止していたものの、
少し動作させているとメモリ残量が100MBを切ってしまうこともしばしば・・・

その割に、リブートすることなく動作してくれるのは、純正カーネルのお陰なのでしょうが、
カスタムカーネルに比べ、モタツキ感は否めず。。。(^^;;

・・・とツラツラと書いてしまいましたが、要はスマホを買い替える口実と言うわけです。(笑)

で、Note3(SC-01F)にしたのかと思いきや、
何故か、Galaxy J(SC-02F)にしたのでした!(爆)

SC-02F_0.jpg

この所の流行なのでしょうか?
スマホ本体がギリギリ収まるコンパクトな箱に入っています。

SC-02F_1.jpg

今までのGALAXYシリーズと違って、少々角張っている本体・・・
iPhone程ではないにしろ、優しい丸みを帯びた形状から、路線変更でしょうか?

色は、白(Satin White)・青(Lapis Blue)・ピンク(Coral Pink)の三色・・・

SC-02F_3.jpg

無難な白(Satin White)にしましたが、
横に筋が入ったような大理石を思わせるデザインで気に入りました!(^^)
(パッと見、GALAXYシリーズではないように見えるのも新鮮?!)

ちなみに、製品名の「J」は、
・日本オリジナルデザインとして"Japan"のJ
・スペックなど中身は本格派という意味で“Jewel”のJ
・GALAXYシリーズの新たな旅立ち“Journey”のJ

の意味が込められているようです。 (ケイタイWatchの記事から)

素直にステキだなぁ・・・さぞかし売れてるのかな?!
と思いきや、残念ながら、不人気機種のようです。何故?!(^^;;

実は、ほぼ同じスペックの兄弟機(Note3)があって、そちらに流れているのかもしれません。

しかし、その兄弟機(Note3)との大きな違いは、
・液晶サイズ ... 5.7inch(Note3)→5.0inch(J)
・Sペン ... 付属(Note3)→なし(J)
・バッテリー容量 ... 3200mAh(Note3)→2600mAh(J)

程度でしょうか。

そして、これが購入の決め手となったのですが、
それは・・・オークション相場の最安が、2万5千円程度!※7/31現在

Note3と比較して、1万円も安いのです。(不人気機種のせい?)

何気に、初代Noteが少々大きいかな?と思っていたこともあり、
より適度な大きさで性能が最新のNote3と変わらない"J"に流れるのは、
type:yoshi!的には必然だったのかも知れません。(^^)

それにしても、2.3GHzクアッドコアのCPUを採用し、
しかも、メモリが大盤振る舞いの3GBも積んだ(今夏モデルでも2GBが標準)、
この魅力的な機種が、こんな値段で手に入るなんて想像していませんでした。

なので、初代Noteを横目に、購入に踏み切ってしまったという訳です。(爆)

何故このように相場が下がったのかというと・・・
ショップによって、これら機種のMNP一括購入価格が0円になったからのようです。
(オークションではなく直接買えば?と思われる方もいるかも知れませんが、
 ○ヶ月の通信契約が必要だったり、解約違約金が必要だったり、面倒なので・・・)

Note3ですら、あの性能で3万5千円程度というのは安いと思います。
MVNOの格安sim運用をされている方は、オークション・・・要チェックですよ!

暫く当ブログは、このGALAXY Jの話題ばかりに?!・・・自己満足ブログですので、
お許し下さい。(^^;;

少々マニアックで私的思い込みの強い記事にも関わらず、ここまで読んでくれてありがとう!
気軽にコメントくださいね☆

-------
オークションが面倒な方は、amazon(マーケットプレイス)にて・・・

思いの外、安いですね。※7/31現在、28800円(一括購入保証ありの新品)
posted by yoshi at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Handy Phone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月26日

食洗機、壊れる!

食洗機・・・あるのが普通な位、普及しているようですね。

そんな、生活の一部のような食洗機が、急に壊れました!

ボタンを押しても何も反応せず・・・電源入れ直してもダメ・・・お手上げです。(^^;;

思えば購入から7年以上、毎日2〜3回は使っていると思うので、よく持った方かも?

そう言えば・・・
半年くらい前から、少し水漏れするようになったと家族から聞いていたのですが、
何もせず放置していたツケでしょうか?
まぁ7年もよく頑張ってくれたと言ってあげたい気分に。(笑)

さて、壊れた食洗機は、東芝の卓上型DWS-600Aでした。

そこで、同タイプの食洗機を探してみると・・・

なんと!今やパナソニックが細々と出しているくらいで、
最近の機種なら必然的にNP-TR7が有力候補に。

出来たら、7年以上も活躍してくれた東芝製にしたかったのですが、
既に食洗機市場から撤退していたのですね。。。(^^;;

もう、卓上型なら選ぶ余地はなく、それほど迷わずパナのNP-TR7にしてしまいました。
※家族から、早く!とせかされていたから・・・という訳ではありませんw

いつものごとく、ネットで注文して・・・

1時間足らずで、サササッと取付完了!(^^)

前の機種を自分で付けた経験と、前に取り付けた食洗機用分岐止水栓がそのまま使えたので、
ホントに何も迷わず、簡単に◎

Pana_Shokusen_1.jpg

注意するのは、後ろから出ている給水ホースと排水ホースの接続&レイアウトくらいでしょうか。

Pana_Shokusen_2.jpg

食洗機用分岐止水栓さえあれば、食洗機の交換はホントに簡単です。
DIY好きのパパさんは、是非!(笑)

おっと、ここで話を終えてはいけませんね。。。

肝心の使い勝手は・・・?!

Pana_Shokusen_3.jpg

家族が言うには、何の違和感もなく普通に使えるとのこと。

東芝のと見た目や大きさがほとんど一緒だったということもありそうです。
ただ、カゴの形状やレイアウトが若干違うようですが、慣れれば問題ないようです。

最初に食洗機を導入した時の感動はなく、普通に生活の一部に溶け込んで行ったようです。
私としては、もう少し感動して欲しかった・・・(爆)

食洗機が壊れて交換する羽目になった方の参考になれば幸いです。
ここまで読んでくれてありがとう。気軽にコメントくださいね☆

-------
posted by yoshi at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Kitchen | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月13日

マキタの互換バッテリー

少々間が空いてしまいましたが、相変わらずのマニアネタでの再開です。(笑)

以前記事にしたインパクトドライバー(MAKITA TP130D)ですが、
未だに現役バリバリの大活躍電動工具です。←表現が古い?(^^;;

中古のボロを購入してから、かれこれ5年経過していますが、未だにバッテリーも現役です。
さすがに少し持ちが悪くなってきた気もしますが、これだけ使えれば御の字。
マキタの純正バッテリーは噂通りの業務仕様で、ホント素晴らしい性能です。

ただ、そろそろもう一本バッテリーを用意しようかと調べてみると・・・
さすがに純正は、1万円前後と高い!!!

何せ、バッテリー付きの中古を1万円で買った身としては、ポチる気が起きません。(^^;;

そこで、互換バッテリーに目を向けると・・・ワンサカ出て来ます。(BL1430 互換

安いものは、4千円以下もありますが、安物買いの銭失いになりかねませんので、
せめて、SANYO社製セル使用のものを選んでみることに。(5千円弱)

Makita144_1.jpg
Makita144_2.jpg

ロゴの印刷はありませんが、作りはほぼ一緒・・・(当たり前?w)

早速充電してみましたが、問題なく終了!

Makita144_4.jpg

本体に取り付けて使ってみると、これまた問題なし!

何度か空になるまで使用し、フル充電して使用してみましたが、
バッテリーの持ちも純正と大差なく、今のところ不満なしです。
※持ちは厳密に計測した訳ではなく、私的な感覚です。ご了承ください。

後は、数年後にどうなっているか?ですが、こればかりは分かりませんね。
とりあえずは、純正の半値以下で同等性能と思われるバッテリーをゲット出来て満足しております。

マキタの純正バッテリーが高くてお嘆きの方の参考になれば幸いです。
ここまで読んでくれてありがとう。気軽にコメントくださいね☆

-------
posted by yoshi at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | DIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする