2013年09月28日

ロスジェネ・・・

TBSドラマ「半沢直樹」・・・もの凄い人気でしたね!

最終回の平均視聴率は、42.2%とか?!(驚愕)

ご多分に漏れず、私も毎回楽しみに見ていました。(^^)

話の感想は、このブログに相応しくないでしょうから、
ここではマニアック路線で行かせて頂きます。(笑)

さて、この半沢直樹ブーム・・・暫く続きそうですね。

間違いなく、「倍返しだ!」は流行語大賞になるでしょう。

そこで気になるのが、続編「ロスジェネの逆襲」でしょうか。

2012年6月の発売ですので、まだ文庫本が出ていないのが、残念なところ・・・

そこで、楽天kobo君の登場です!(笑)

気前の良い楽天さんのkoboなので、たまに40〜50%引きクーポンが出たりすると、
密かに電子本を購入していたりしていました。

で、今の旬な話題作「ロスジェネの逆襲」の電子本をクーポンを使って購入してしまいました。(^^)

普段、小説本など滅多に買わない私ですら買ってしまう・・・
おそるべし、半沢直樹・・・じゃなくて、池井戸潤人気!(爆)

kobo_lossgene.jpg

楽天kobo君とアンドロイドアプリkoboに入れて、夜な夜な布団の中にて3日足らずで読んでしまいました。

いやぁ、面白い・・・最初は全体像を把握するのに少々難儀しましたが、
後半はもうスルスルと・・・半沢直樹節炸裂で、気分爽快!
そして、読みながら、堺雅人さんやミッチーが頭に浮かぶのはドラマの影響もろ受け?(笑)

少しネタバレになりますが、今回、花ちゃん「倍返しだ!」は出ませんでしたが、
それでも十分楽しめる作品でした。ラストも良かった。

半沢直樹のような言いたいことを言う、それも筋の通った・・・
そして、彼の仕事への取組み方も魅力的に描かれ、今の若い世代(=ロスジェネ?)にも
大いに読んで欲しい作品かと。

あれ?何気に感想になってますね。こういうのを筋が通らないと言うんですね。(^^;;

言いたかったことは、楽天kobo君・・・何気に活躍してますよ!ってことです。(笑)

いつの間にかバージョンも上がって、安定動作&レスポンスも良くなっています。
あの、新聞紙のようなディスプレイ表示も何気に見やすいですし、
スマホ(koboアプリ)で読むより目が疲れないので気に入っています。

そして、キャンペーンで割引クーポンが良く発行されるのも◎ですし。(^^)

支離滅裂な文章をここまで読んでくれてありがとう。気軽にコメント下さいね☆

-------
posted by yoshi at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

万能充電器

先日紹介した「動画に強いコンデジ(DMC-TZ40)」ですが、
静止画も思いのほか綺麗に撮れるため、活躍の場が増えてきました。

そして、もちろん、予備バッテリーは・・・

いつものごとく、互換バッテリーを一つ用意しました。(笑)

色々なところから出ていますが、なんとなく互換バッテリーの中でも信頼の置けそうな、
ROWAの「パナソニック DMC-FT5 DMC-TZ40 の DMW-BCM13 互換 バッテリー」にしました。



今まで色々な機種用に互換バッテリーを購入していますが、
今のところ、トラブルにあったことがありません。運が良いだけ?(^^)

もちろんメーカーは推奨していませんので、自己責任の範疇で・・・ですが。(^^;;
それにしても、純正のバッテリーに比べ遙かに安く、止められません。(笑)

そして、充電に関しては、
本体に内蔵して専用のUSBコードで充電すれば良いわけですが、これが少々面倒・・・
専用のUSB端子ってのがくせ者で、専用コードを使わなけばならない訳です。
せめて、汎用的なmicroUSBにしてくれれば、他の機器と共用出来て便利なんですが、、、ね。

そこで、AC端子に直結できる互換充電器を探すわけですが・・・

何故か、見つからない・・・?!(DMW-BCM13用)
※現在(9/21)は売っているようですが、私が探していた8月には売っていなかった。

そこで、前から気になっていた、万能充電器というものに手を出してみました。(笑)

YIBOYUANの「LCDスクリーン付き万能充電器」

ban_charger_1.jpg

液晶表示付きで、2つの端子(+と−)がスライドする万能タイプの充電器。
実測で、約32mm〜50mm程度の横幅のあるリチウムイオンバッテリーに対応出来そうです。

ban_charger_2.jpg

充電器としての性能は、
・リチウムイオンバッテリー充電出力:4.2V 400mA
・USB端子出力:5.2V 1250mA

のようです。

前者の出力電流が、少々物足りない感じでしょうか?
TZ40に付属のACアダプターは、800mAのようなので、本体充電より時間が掛りそうです。
(但し、本体の充電用出力は、そのまま800mA出るとは限らないので、定かではありません。)

まぁ、いずれにせよ、寝る前にセットしておけば、
朝起きる頃には十分充電が完了しているでしょうから、特に問題ないかと。
ただ、高容量のスマフォのバッテリーを直に充電するには、時間が掛りすぎるかも?
(その場合は、1250mA出るUSB端子を使え!ってことでしょうか?)

さて、早速、手近にあった、リチウムイオンバッテリーを接続してみると・・・

ban_charger_3.jpg

ACに接続しなくても、現在の残容量の目安が液晶に表示されます。(4段階)
これは何気に便利そうです。

さて、そこで、今回の購入の目的であった、DMW-BCM13を充電してみます。

ban_charger_4.jpg

と思ったら、あれ?液晶に何も表示されない?!

充電器の端子部分を良く見てみると・・・

残念なことに、DMW-BCM13のプラスチックカバーに端子が触れていて、導通していない模様。(^^;;

ちょっとショックを受けていたのですが、何のことはない・・・

ban_charger_5.jpg

バッテリーをひっくり返してみたら、上手く行きました!(^^)
(端子部分を覆っているプラスチックの上と下で若干幅が違っていました。)

この充電器の2つの端子は、+と−を自動認識してくれるので、こういう芸当が出来ます。

いやぁ、中々よく考えられた万能充電器のようです。

もちろん、AC端子に接続し、問題なくフル充電出来ました。

とりあえず、目的は達成された訳ですが、
他のリチウムイオンバッテリーも充電してみたいという欲求が・・・
これから色々試してみようと思っています。(笑)

私的には、マニア心をくすぐる楽しく実用的な万能充電器で、大満足です。(^^)

少々マニアックな記事をここまで読んでくれてありがとう。気軽にコメントくださいね☆
-------
posted by yoshi at 21:42| Comment(2) | TrackBack(0) | Camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月15日

ネットでのエアコン工事・・・

今夏、家の部屋(一部屋のみ)をリフォームしたのですが・・・

まずは、何はなくともエアコンを・・・(^^;;

とりあえず、量販店でカタログを集めて、ネットにて購入。

今回は、コンパクト・フィルター掃除・シンプルデザインを考慮して、
富士通ゼネラルのAS-R28Cにすることに。

これ、室内機が業界最小サイズだそうです。(高さ250 × 幅728 × 奥行299mm)
一般的な室内機より、高さ50mm、幅70mm位小さいようです。

量販店では、工事費込みですが、軽く10万円超えるので、ネットにて。(^^)
そして、工事も、以前利用したことのあるネット業者(フォーラムサービス)に
お願いしようとしたら、時期的に混んでいて希望に合わず・・・(^^;;

ネットで目星を付けた幾つかの業者に問い合わせをし、
良心的な価格で且つほぼ希望通りの日程でやってくれる業者を発見!

エアコン工事ナビ


電話での対応も良く、ホームページも信頼出来そうな感じ。

そして、工事当日、感じの良い青年が丁寧に一時間ちょっとで取り付けてくれました。(^^)

Aircon_chg_1.jpg

試運転も問題なく、素早くキッチリとした仕事に感謝!
工事が終わったのはPM7過ぎだったので、彼に今日の仕事は終わりですか?と聞くと・・・
なんとまだ二件あるとか・・・?!(ホントにこの時期は忙しいようです。)

とまぁ、ここで話は終わりそうですが・・・?!

実は・・・残念なことがあって、まだ続きます。(笑)

この写真を見てピンと来る方はいますか?

Aircon_chg_3.jpg

そう、今回のリフォームで付けてもらったクローゼットの扉が・・・

Aircon_chg_4.jpg

エアコンの角に接触して、開ききらないぃぃぃ!!!(^^;;

思わず一人で、「あぁ〜〜〜!」と叫んでしまいました。(笑)

う〜ん、今回、工事する前にこのクローゼットのことを話していなかったし、
こちらにも落ち度があるかなぁ。そこそこ開くし、我慢しようかな・・・

と・・・思ってみたものの・・・

Aircon_chg_2.jpg

後、3cm位右に付けてくれれば、問題なかったのに!

と悔やまれ、工事してくれた彼もプロなんだし、気づいてくれてもよいのでは?

と思い直し、申し訳なさそうに電話してみると・・・

とりあえず、見に来てくれることに。(^^)

工事してくれた彼がまた来てくれて、現場を見るやいなや・・・

「あぁ〜、確かに!見落としてました。」と、そして、
「3cm位なら何とかズラせられるでしょう。」と・・・

嫌な顔一つせずに、無料にてキッチリとズラしてくれました!
ただ、取り付けるより時間が掛っていたようで、申し訳なさが・・・
こちらにも落ち度はあったので、ホント、感謝!でした。

Aircon_chg_5.jpg

今回の救いは、エアコンをコンパクトなタイプにしておいたのと、
良心的な工事業者に出会えたことでしょうか。
(標準的なエアコンだったら、3cm程度のズラしでは無理でした。)

お陰で、猛暑な今夏を快適なエアコン生活で乗り切ることが出来そうです。(^^)

ここまで読んでくれてありがとう。
ネットで購入したエアコン工事を検討している方の参考になれば幸いです。
気軽にコメント下さいね☆
-------
ラベル:エアコン 工事
posted by yoshi at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Shop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月07日

動画に強いコンデジ

久々に、コンデジの記事を・・・(一年ぶり?)

今使っているコンデジは、去年中古で購入したPowerShot S100です。

S100_130906.jpg

これ、何気に気に入っていて、S110が出ようが、最近S120が出ようが、
まだまだ色褪せず、現役で使っていこうと思える完成されたコンデジです。

ソニーの1インチ(DSC-RX100)などに比べたら、画質に関しては元もこもありませんが、
コンパクトさや使い勝手に関しては、負けていないと思います。

さて、前置きはこの辺にしておいて・・・(笑)

今回、家族からムービーを買おうという話になり、検討したのですが、
どうにもあの横長スタイルと持ち方が気に入らず・・・(^^;;

このところ性能進化の目覚ましい、高倍率ズームを備えた動画に強いコンデジから探すことに。

私的な選定基準は、
・光学20倍以上のズーム ... ムービーとして使うにはこれくらい欲しい。
・強力な手ぶれ補正 ... 強力なアクティブモード搭載、5軸補正ならなお良い。
・なるべくコンパクト ... コンデジマニアとしては外せません(笑)。
・なるべく安値 ... 安いに越したことはありませんが、2〜3万円をターゲットに。

でしょうか。

となると、候補は自ずと・・・
Cyber-shot DSC-WX300 ... コンパクトさでは一番!価格コムでも人気高し(9/7現在売れ筋1位)。
 ただし、手ぶれ補正は、5軸ではない。
LUMIX DMC-TZ40 ... 完成度高し。デザインも好み。価格コムでは現在売れ筋5位。
PowerShot SX280 HS ... これも抜け目なしだが、何となく野暮ったいデザイン。
STYLUS SH-50 ... 少々大柄だが光学24倍ズーム。オリンパスの5軸補正は強力らしい。
 一時期、シミが写る問題で販売休止していて、最近再開した。人気はないが、穴場的存在?!

あたりでしょうか。

私的な魅力順で言うと、
DSC-WX300 > SH-50 >= DMC-TZ40 > SX280
となります。(SH-50が2位なのは、私らしい?!)

さて、結局何にしたかと言うと・・・

TZ40_1.jpg

一番無難で私らしくない・・・?!

Panasonic LUMIX DMC-TZ40

でした。しかも、色は、白!(^^)

TZ40_2.jpg
TZ40_3.jpg

何故、これにしたかと言うと・・・

お店で実機を確認したり、ネットでの評判をチェックして、
ソニーのDSC-WX300は、拡大すると例の塗り絵的な絵作りが分かったので。
これ、以前所有していたDSC-HX5Vからの傾向でしょうか・・・
あのノッペリした感じが嫌で、DSC-HX5Vは売ってしまった訳ですが。(^^;;

そして、SH-50は・・・やはり少々大柄なのが気になり、SX280はデザイン的に却下。
で、悪く言えば無難、良く言えば正当派な完成度の高いTZ40になったという訳。

白色を選んだのは、最近黒ばかりを選んでいたので、イメチェンの意味と、
家族も使うので明るい感じにしたかったので。(^^)

この、TZ40・・・中々コンパクトで、S100と比較しても、
重量は一緒(198g)で、サイズが、横1cm長いくらい。

TZ40_4.jpg

それにしても、このサイズで光学20倍ズームとは、一昔では想像できませんね。
(これ以上にコンパクトな、DSC-WX300は驚愕に値しそう?!)

早速、この20倍ズームを公園で体験してきました。

TZ40_5.jpg

これが、20倍ズームで寄ると・・・

TZ40_6.jpg

となります。もう望遠鏡の世界ですよね。
適当に撮っても、ぶれることなく綺麗に撮れていました。

パソコンで等倍ピクセルでも見てみましたが、ソニーのようなノッペリした感じではなく、
素直な写りなのは好感が持てました。(ズーム時の画の甘さは若干あります。)
この写りなら普段のスナップ撮影にも活用できそうです。
S100の出番が減りそうですが、写りはS100の方が一枚上手なので、適材適所で(笑)。

さて、肝心の動画性能ですが・・・

噂通り手ぶれ補正が強力で、動画撮影を開始すると、ピタッとブレが減ります。
歩きながらの撮影も、昔のムービーのような酔いそうな画にもならず安定した画を保ってくれます。

これが最新の5軸補正手ぶれ補正の威力なのでしょうか。

こんなステキなコンデジが、2万円台前半で買えてしまうのは驚きです。
ありがたい世の中になったものです。

また、家族もこのTZ40(白)を気に入ってくれたようで、良かった。(^^)

少々私的な思い込み感の強い記述もあるかもしれませんが、
動画に強いコンデジをお探しの方の参考になれば幸いです。

少々長くなってしまいましたが、ここまで読んでくれてありがとう。
気軽にコメント下さいね☆

-------
posted by yoshi at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月04日

CM10.1 for SC-05D Final Build

久々に、Samsung Galaxy Note(SC-05D)の話題を・・・眠っていたわけではありません。(笑)

カスタムロムは、以前記事にした「RootBox3.9.1(カーネル130411)」を使用していましたが、
さすがに飽きてきたのと、たまに起こるリブートに嫌気が差して(Wi-Fi OFF->ONで
運が悪いと起きやすい!)、今どきのカスタムロムの状況を調べてみると・・・

以前お世話になっていた、まとめサイトが閉鎖していたり、状況に変化があったようです。
また、主に移植されている方が、sakuramilkさんから、blackzigongさんに?!

そして、まとめサイトが、こちらに移転して、現在でも更新されているようです。(感謝)

カスタムROMダウンロードをクリックすると・・・

CyanogenMod 10.1 for SC-05D Final Build

がトップに!Final Buildという文字に惹かれ、インストールしてみることに。(笑)

とりあえず、ダウンロードしたのは、
・cm-10.1-20130824-UNOFFICIAL-quincydcm.zip
・gapps-jb-20130812-signed.zip

です。

念のため、カスタムリカバリーでバックアップを取った後に、
以前の記事を参考に、インストールしてみました。

懐かしいCyanogenModの起動サークル画面が表示された後に、無事に起動しました!

CM10.1_130824_1.jpg

数日使ってみましたが、Final Buildと謳うに相応しい、ヌルサク&安定度でしょうか。(^^)

RootBox3.9.1で気がかりだった、Wi-Fi OFF->ONでリブートすることなく、
機内モードも安心して使えます。

試しに機内モードにして、消費を抑えて、BatteryMixで見ると・・・

CM10.1_130824_2.jpg

3〜4時間で1%減るくらいですので、かなり優秀かと。(^^)
(Wi-Fi ONでのスリープは、1%/Hくらいです。)

今のところ、大きな問題もなく、安心して使えそうです。

ただ、9/4現在、例のまとめサイトを見ると・・・

CyanogenMod 10.1 for SC-05D Final Build + Linaro toolchain

(cm-10.1-20130829-UNOFFICIAL-quincydcm.zip)
が上がっています。
(Android4.3であるCM10.2も上がっていましたが、時期尚早でしょうね。)

Linaro toolchainとは、何ぞや?状態でしたが、こちらのブログに詳しく書かれていました。
カーネルソース自体の変更はなく、カーネルビルド時のtoolchainの変更だそうで、動作が速くなるとか?!
実際に、ベンチマークを取られて、比較もされていましたが、微妙な差で誤差と言えなくもないようです。
・・・なので、今回は見送ることにしました。(^^;;

ところで、このブログ・・・”投稿者 ブラック”・・・とあります。
そう、あのblackzigongさんのブログのようです。どうりで詳しい訳ですね。

それにしても、最新のカスタムロムを公開するだけに留まらず、
このようなブログで情報発信してくれるブラックさんに感謝!!!
暫く、このFinal BuildなCM10.1を使わせてもらいます。(^^)

マニアックな記事にもかかわらずここまで読んでくれてありがとう。
気軽にコメントくださいね☆
ラベル:SAMSUNG SC-05D
posted by yoshi at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Handy Phone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする